Featured Post

夫婦喧嘩が起こるうちは安心:相手に興味がある証

男性も女性も、結婚すれば、離婚、再婚しない限り、一生同じ相手と顔を突き合わせて生活します。 30歳で結婚しても、80歳まで生きるとすれば、結婚してからの人生の方が長いわけです。 つまり、一人の異性(配偶者)に限定して、他の異性に目を向けないというのは、所詮無理な話なのです。 男なら、妻以外の女性に目が行っても仕方のない事ですし、女性でも、夫以外の男性にときめく事もあるはずです。 おそらく、どれだけ仲睦まじい夫婦間でも、長い夫婦生活のうちに、他の異性に目が行く事はあると思います。 しかし、そこで離婚してしまう夫婦と、離婚しない夫婦の差があるのです。 不貞行為や離婚など、夫婦の危機に陥らないための夫婦喧嘩のやり方があるのです。 それは、夫婦喧嘩をした後、その喧嘩状態を引きずらない事です。 万が一、夫が不貞行為を働いたとしても、妻は見ぬふりをして堂々としていれば良いのです。 逆もまた同様で、妻の不貞行為は夫が見ないふりをすれば良いのです。 妻の立場としては、他の女性から声がかからないような夫はつまらないですよね。 夫の立場なら、妻が他の男性から誘われるという事は、それだけ魅力的な妻をもらって幸せという事です。

Read More

童貞だった私が美人人妻と不倫関係になるまで

Posted by pay1 | Posted in 結婚について | Posted on 10-01-2018

0

私は都内に住む31歳の会社員男性です。私には誰にも相談できない悩みがあります。それは「31歳にして童貞である」ということです。私の周りには私のような人はもちろんおらず性経験が豊富な人ばかりです。女性と付き合ったことはあるのですが、した事があるのはキスまでで、胸を触ったことすらないです。風俗に行けば童貞を捨てることなど簡単にできたのですが、「初エッチは好きな人としたい」という拘りを持ち続けた結果、ここまで来てしまいました。しかし、職場でも出会いはなく、合コンに行っても女性となかなかうまく話せず仲良くなれないことが当たり前になっていきました。そこで私は私の全てを曝け出して、それでも向き合ってくれる女性を出会い系で探そうと決め、登録しました。

プロフィール写真には自分の顔写真を乗せ、紹介には堂々と「童貞であることがコンプレックスです。童貞を貰ってくれるリードしたエッチをしてくれる人を募集しています」と書きました。そして、1ヶ月たって唯一私にメッセージをくれた既婚者女性と連絡を取り続けていきました。他愛もない会話からはじめ、恋愛の話やエッチの話までするようになりました。相手の女性は私より2歳年上の人妻の人だったのですが、男性経験も豊富だそうで、リードすること、攻めることが得意だと言っていました。彼女とのやり取りに慣れてきた頃に思い切って「僕の童貞を貰ってください」と聞きました。彼女は「いつ?私はいつでもいいよ」と言ってくれました。早速私たちはその翌日に会う約束をしました。

私はそれ以降彼女のことが好きになってしまったのですが、彼女が人妻であるにもかかわらず正式な交際を申込み、「私がエッチの経験を積ませてあげる」と言ってくれ、不倫関係ななり、頻繁に会ってエッチをするようになりました。

Comments are closed.