Featured Post

大阪には医学部予備校がいっぱい

受験は子どもだけではなく親にとってもストレスの大きなもの。医者になりたい。そんな夢を持った子どもを親としてはなるべくサポートしてあげたいものです。 医学部と言っても日本全国様々な学校があります。私立大学の医学部ともなると学費や寄付金などで国公立と比べると0が数桁違う額になってしまいます。 子どもの夢は応援してあげたいけれどなるべく国公立に行ってもらいたい。国公立の医学部は難関でやはり学校の勉強だけでは不十分。皆医学部予備校に通いそれ専門の対策を行います。 予備校代は高くつくかもしれないけれど国公立に受かってくれるならもとは十分とれますね。 大阪には医学部予備校 大阪がたくさんあり選ぶにも一苦労です。やはり合格率がトップの予備校に惹かれます。

Read More

自分の好きな仕事をする生甲斐

Posted by pay1 | Posted in 暮らし | Posted on 26-07-2018

0

数年大企業に勤めたのですが、なんとなく機械の一部のような生活に飽きて他の仕事に移るようにしました。

地元でも有名な企業なのですが、結構仕事を辞める人も多いのです。

私の先輩も私が辞めると言った日には辞めないで~っと説得していたのですが、結局自分も看護学校に通うという話をしていました。

私の場合知り合いの人の紹介で少し小さな事務所ではありますが、自分の働いた分お金がもらえる所です。

個人的には看護婦の仕事を新たに目指す先輩も先輩だけど、私も私だなと思ったりします。

人からすると、呆れられるかなという気もします。

大企業に勤めては、自分で企業を新たに目指す人もいますが、自由業もなかなかやってみると大変だと思えます。

会社勤めではあるものの、タクシードライバーなども自分でお客さんを探さないといけない大変さもあるということで、タクシードライバーの転職も意外と多いような感じです。

保険の営業もそうですが顧客相手の仕事も簡単ではないもので。

どんな仕事もそうですが簡単な仕事はないけれど、やはり自分の好きな仕事だと辛さもこえれるかなという気がします。